餅は餅屋

特殊建築物

クリニックの設計にあたっては、まずクリニック自体が建築基準法上の特殊建築物にあたるため、設計の計画段階で様々な規制がかかります。消防法の絡みがでてきたりと様々なことを一つ一つクリアしていかなければなりません。住宅の設計をする場合は施主からああしたいこうしたいという要望に対して、わかりました。とほとんどのことに対しては受けることができるのですが、特殊建築物ともなると施主から細かい要望があっても全てに応えることができるとは限りません。法律上の問題で、できませんというようなことが多々でてきます。特殊建築物は設計側にも大きな負担がかかり大変な作業になります。オープンまでの時間には十分な余裕をもって計画してください。

医療建築が得意な事務所に

クリニックを設計するということは、新しくクリニックをオープンさせるであったり、建て替えを検討していることが考えられます。心機一転、建物を新しくして患者さんを増やしたい、など経営上の問題もあるかと思います。 設計段階からそういったことを意識しておかなければ、こんなはずではなかったということにはならかと思います。クリニックを新しく設計する場合はクリニックや病院建築が得意な設計事務所などに依頼することが得策だと考えます。前段落で述べたように建築基準法上、特殊建築に該当し専門的な知識を要するためです。一般的な設計事務所でもできないことはありませんが、時間や費用が余計に掛かってしまうかもしれません。医療系建築を得意とする設計事務所は、事例も多くノウハウを持っているので安心です。